部位別・脂肪吸引

顔の脂肪吸引(頬やフェイスライン)の脂肪吸引ってどう?

顔の脂肪吸引

顔の脂肪と一口にいっても、部位が細かく分かれていていろいろです。

頬が膨らんでいるタイプだったり、二重アゴに悩んでいたり、また、フェイスラインがぼやけているという人もいます。

つまり、顔の脂肪吸引はそれぞれの部位別に対応しているので、それぞれのパーツによって効果も変わってくるし、やり方も違うんです。

この記事では、特に顔の脂肪吸引でそれぞれのパーツによる効果や手術方法について解説したいと思います。

頬やフェイスラインの脂肪吸引の効果は?

さて、フェイスラインの脂肪吸引といっても、パーツによって、合う手術やリスクなんかも変わってきます。

単純に、気になる部分だけ吸引すれば、すぐに小顔効果があるわけではないのです。

パーツによって、見た目はどのくらいの効果があるのか、一番気になる部位別脂肪吸引での効果についてから紹介します。

ほほ

ほほの脂肪は顔が大きく見える一番の原因になるだけあって、脂肪吸引でかなりフェイスラインが変化します。

ほほの脂肪が多くてブルドッグのように下がってきている人にも有効ですが、元の脂肪が多すぎる人は脂肪吸引だけだと皮膚がたるみやすいといったリスクがあります。

このため、レーザーで引き締めながら脂肪を融解するスマートリポリフトアップの併用をするとたるみにくくなるので合わせて検討しておくといいですよ。

あご下

もともと二重アゴの人だけでなく、年齢とともに、顔全体がたるみが出て下がってきている人にも有効です。

顎下は、正面から見えにくいので、脂肪吸引の直後からダウンタイム中にばれにくいのでうれしいポイントですね。

法令線上

法令線の上にお肉が乗ってくっきりシワになっている人は、取れる脂肪の量は他の部分に比べて少ないですが、脂肪吸引で、見た目がかなり若く見えるようになります。

ただ、脂肪が原因ではなく皮膚のたるみが原因の場合は頬がこけて逆に老けて見えてしまう場合があるのでドクターとよく相談するので、カウンセリングでしっかり確認してください。

もし脂肪がそれほど多くないのに法令線の上に脂肪が溜まっている感じがするなら、ヒアルロン酸の注射やフェイスリフトだけで十分改善します。

頬の脂肪吸引(小顔術)の値段の相場

頬の脂肪吸引は使用する機械や脂肪吸引の方法によって価格が大きく左右されます。参考に部位別の価格を一覧表にしてみました。

  マニュアル法
(湘南美容)
ボディジェット(品川美容) ベイザー
(モッズC)
79,440 162,000 250,000
頬骨上 79,440 80,170  
アゴ下 79,440 80,170 250,000

一番安い湘南美容クリニックで1部位およそ80,000円、取れた脂肪を豊胸など気になる部分に注入できるモッズクリニックでは250,000円とかなり差があります。

価格設定は使用する機械のほかに、経営方針や患者さんの数にも左右されます。

有名クリニックの価格をだいたい相場として、あまりにも相場とかけ離れているクリニックはやめておいた方が良いでしょう。

韓国の現地で脂肪吸引をすると、かなり価格が安くなりますが、日本の保証が得られないので自己責任となってしまうため注意しておきましょう。

どの方法が顔の脂肪吸引に向いているか

顔の脂肪吸引で代表的な方法は以下の3つです。

  • マニュアル法:麻酔液で脂肪をふやかしてから吸引する
  • ボディジェット:水圧で脂肪組織を分離しながら吸引する
  • ベイザー:超音波で脂肪を溶かしながら吸引する

医師の腕にもよりますが、ダウンタイムの辛さは、マニュアル法>ボディジェット>ベイザーの順になります。

また、取れる脂肪の量はベイザー>ボディジェット>マニュアル法です。

細かい部分まで完璧に仕上げたい人や、ダウンタイムを最小限に抑えたい人はベイザー脂肪吸引が一番安心です。

大まかに脂肪が取れたらいいな、という人はマニュアル法でも十分ですが、事前にカウンセリングで必ず確認して比較しましょうね。

ベイザーは価格が高いだけあり、手術でのリスクが少なく傷跡もほとんど目立ちません。

従来からあるマニュアル法は、低価格になりますが、マニュアル法でも時間をかけて丁寧に吸引することでちゃんと美しく仕上がりますよ。

脂肪吸引の方法に関わらず、腕が良い評判の良いドクターを選ぶのが重要で、後悔しない・成功のコツです。

頬やフェイスラインの脂肪吸引 メリット・デメリット

続いては、頬やフェイスラインの脂肪吸引をしたらどのようなメリット・デメリットがあるかを紹介します。

メリット1:体は細いのに顔がふっくらしている人に効果大

太っているわけでないのに顔だけはパンパン・・・という人には顔の脂肪吸引はかなり効果があります。

脂肪吸引は唯一「部分痩せ」ができるダイエットと言えます。

通常カロリーを消費すると体全体の脂肪組織が小さくなっていくのですが、脂肪吸引はピンポイントで脂肪を吸引するので気になる部分だけ痩せられます。

メリット2:リバウンドしにくい

ダイエットしても脂肪細胞の数は変わらないって知っていましたか?ダイエットしても脂肪細胞が「小さくなる」だけで脂肪細胞は減りません。またカロリーを過剰摂取すると再び脂肪細胞が大きくなってリバウンドします。

その点脂肪吸引は、脂肪細胞自体を取ってしまう施術なのでリバウンドしません。あまりに不摂生しているとまた太ってしまいますが、脂肪吸引していない部分と比べると太り方は緩やかです。

メリット3:リフトも一緒に受けると一気に若見えする

脂肪吸引で気になるお顔のたるみ。法令線やマリオネットラインが気になる人は脂肪吸引と同時にフェイスリフトも行うと一気に若返ります。

同時施術は耳の横を切開するフェイスリフトが多いですが、吸引する部位によっては糸で引き上げる施術も可能です。

デメリット1:やつれる、老けるリスクがある

顔に脂肪があることで若く見えるケースも少なくありません。特に若い方は頬の脂肪吸引でぐっと大人っぽくなります。

大人っぽく見えるだけなら良いのですが、疲れて見えたり老けて見えたりする事もあるので脂肪の取りすぎには注意。

事前に仕上がりイメージを丁寧に説明してくれるドクターを選びましょう。

デメリット2:骨格が大きい人はあまり小顔にならない

エラや頬骨が張っている人は、脂肪吸引であまり小顔にはなりません。かえって骨ばった部分が目立って不自然になる事もあります。

特にエラが張っている人は、使わない筋肉を小さくして小顔効果が望める「ボトックス」や、アゴ先にヒアルロン酸を注射してバランスを整える施術が向いています。

脂肪吸引にこだわらず、多方面の施術を検討しましょう。

頬の脂肪吸引した人のブログ

二重アゴの施術をした人は多いですが、意外と頬の体験談は少ないですよね。

そこで、頬やフェイスラインを脂肪吸引した人のブログを探してみました。

【ギンのぶろぐ。】

両頬、アゴ下のベイザー脂肪吸引と、バッカルファット除去手術を受けた方のブログです。

術直後の写真~30日までのダウンタイムの記録が写真付きで紹介されています。

その後、頬の凹みが気になったそうで、内腿から脂肪を吸引して注入する施術も受けられていますよ。

【吉川ちかオフィシャルブログ】

小悪魔agehaでおなじみの双子モデル、吉川ちかさんも顔の脂肪吸引を公表されていますよね。ちかさんはフェイスリフトと二重アゴを改善する脂肪吸引の体験談を載せています。
1記事の写真数が多く、経過が分かりやすいので、ダウンタイムが気になる方は参考になりますよ。

顔の脂肪吸引で気を付けておきたい注意ポイント

コンプレックスをほぼ確実に解消できる顔の脂肪吸引ですが、注意したいポイントもあります。

施術の上で注意点をあまり説明しないドクターもいるので、次に上げるポイントに注意しておきましょう。

皮膚がたるむ可能性がある

脂肪量が多い人や、40代以上など皮膚が引き締まりにくい世代は脂肪吸引後に皮膚がたるむことがあります。

特に頬やフェイスラインがたるみやすいので、本当に脂肪吸引が最適なのかを医師に相談したほうが良いでしょう。

前述のとおり、脂肪吸引と一緒にフェイスリフトを受けたり脂肪をレーザーで溶解しながら引き締めるスマートリポもエイジング世代にはオススメです。

術後は内出血や痛みがある

太ももやお腹などの大がかりな施術と比べるとダウンタイムが軽いものの、顔の脂肪吸引も腫れや内出血が起こります。

施術内容や個人差もありますが、3~5日目くらいに腫れのピークが来て、その後青や黄色の内出血が起こります。

マスクやコンシーラーでカバーできる場合が多いですが、できるだけ人と顔を合わせない時期を選びましょう。

他の人から分かるほどの劇的な変化がないこともある

フェイスラインや二重アゴの脂肪吸引では、毎日鏡で顔をよく見る本人は変化を感じますが、意外と他人目線では変化がない事も。

顔の脂肪吸引では「なんか痩せた?」と言われる程度の変化で成功だと考えておきましょう。

>>東京にある脂肪吸引で評判のよいクリニック