注意・コツ

脂肪吸引後にリバウンドするの?痩せたスタイルを維持する3つのコツとは

脂肪吸引したらリバウンドしないんじゃないの?もうダイエットは不要なのでは?って思いますよね?

脂肪吸引 モニター

脂肪吸引をすると、食事制限や運動では難しい部分痩せができてしまうし、吸引した部分は手術した直後に痩せている実感があり、即効性があります。

脂肪吸引でリバウンドすることは本当にないのでしょうか?

実は若干ですが、脂肪吸引後にリバウンドしている人もいるんです。

どんな人がリバウンドしてしまうのか?リバウンドしないためにはどんなことに気を付けるべきなのか?

脂肪吸引の申込みをする前にまずはメカニズムについてチェックしておくといいですよ!

この記事では、
脂肪吸引後リバウンドした口コミ
脂肪吸引のメカニズム
脂肪吸引の効果や注意ポイント
リバウンドしないためのコツ
などの脂肪吸引でリバウンドにまつわるポイントを解説しています。

脂肪吸引の名医8選東京

口コミ!脂肪吸引したのに2年後太った(涙)

RIZAPいって、ジムもいって10キロくらい落ちたけどまた戻りその後、脂肪吸引、脂肪溶解注射して・・・何百万と使った

痩せた時は10キロ減ったけど、でも、リバウンドして最高で82キロくらいいったけど、今77キロくらい。

30代女子(ツイッター)

この口コミは、ツイッターでつぶやかれていた口コミです。

脂肪吸引後何年かしたらリバウンドしたという人がやっぱりいるんですよね。

これじゃあ、高額な費用かける意味が薄くなってしまいます。脂肪吸引後って頻繁にリバウンドがおこるのでしょうか?

脂肪吸引は「リバウンドしない」って本当?

脂肪吸引はリバウンドなし

今ついている脂肪をごっそり吸引してくれる脂肪吸引♪

食事制限や運動などで長期間しんどい思いをすることなく簡単に痩せられるのが魅力ですね。

でも、食生活や運動をしなかったらカロリーオーバーで元に戻ってしまうのではないかと心配になりますよね。

脂肪吸引の特徴

基本的に脂肪吸引で吸引した箇所は「手術前よりも極端に食べる量が増えたり運動量が少ない生活をしたりしない限り」ほとんどリバウンドしません

なぜ脂肪吸引でリバウンドしないのか、それは脂肪細胞が増える仕組みが大きく関わっています。

脂肪細胞の数を減らす脂肪吸引の仕組み

脂肪細胞の数

「太る=脂肪細胞が増える」と思われがちですが、成人した人が太るのは今ある脂肪細胞が大きくなるのが原因です。

逆にダイエットでサイズダウンするのは、今ある脂肪細胞が小さくなるからで、脂肪細胞の数はほとんど変わりません。

脂肪吸引は脂肪細胞自体を吸引するので、もともと蓄積していた脂肪細胞の数そのものが減るので、脂肪細胞が大きくなっても以前よりサイズアップすることはほぼありません。

脂肪細胞でリバウンドしないのはこの仕組みのおかげです。

脂肪細胞の数は思春期までに決まる

脂肪細胞が減るとダイエットいらず

脂肪細胞の数が爆発的に増える時期は3回あります。

脂肪細胞が増えるタイミング

  • 胎児期(お母さんのおなかの中にいる時)
  • 新生児期(生まれた直後~1ヶ月程度)
  • 思春期(10代半ば~後半)

この時期に増えすぎた脂肪細胞は、現在の医学では脂肪吸引しない限りは減りません

この理由から、子供の頃から~学生時代までに太っていた人は、ダイエットではなかなか痩せにくい体質になってしまっているのです。

脂肪吸引したのにリバウンドした人

脂肪吸引ではなめらかなボディラインを保ったり、吸引しすぎによる身体のダメージを抑えるため、100%脂肪を吸引することはありません。

わずかに残った脂肪細胞が大きくなったり、吸引していない箇所がサイズアップしたりするとリバウンドしたと感じてしまいます。

脂肪吸引前に比べて変わらない生活や、少し節制した生活をしていれば脂肪吸引でリバウンドすることはありません。

でも、脂肪吸引後にリバウンドした人と言っている人もなかにはいるので、そんな人の口コミを見て、痩せた体型を維持するためにはどんなことに気を付けたらいいか、知っておきましょう。

脂肪吸引後3ヵ月でリバウンド

脂肪吸引後1年でリバウンド

脂肪吸引しても、吸引前より暴飲暴食したり堕落した生活をしているとリバウンドしてしまいます。

ただし吸引前のサイズに戻ることはまれで、吸引していない部分がサイズアップすることが多いので、不格好な体型になってしまいます。

また脂肪は軽いので、脂肪吸引をしてもほとんど体重は減りません。脂肪吸引をしたら、体重は現状維持~やや少なめに維持できるよう、食事や運動で調整したいですね。

脂肪吸引でリバウンドの体験した人のブログ

実際に脂肪吸引をした人が体験談をつづられているブログです。
脂肪吸引後⇒リバウンド⇒ダイエットして痩せているところを写真付きで紹介されています。
ライブドアブログ

手術~ダウンタイム、経過まで写真付きで細かくレポートしてくれていますが、吸引から約2年がたったところでリバウンドが報告されています。

体重がかなり増えているとの事でしたが、手術前の写真から比較しても、まだ細いかな?という印象なので、それほどリバウンドしている感じに見えませんね。

リバウンドしたと言っていますが、その後食生活の改善や運動を取り入れたことで、また少しずつサイズダウンしています。

安心したら太ることも

5年は大丈夫でしたが吸引したからと安心していたら太りました、但し以前ほどではありません。

原因は安心して食事の量が多くなった、安心して運動をしなくなった、それと年齢的に中年になった 口コミ元:知恵袋

脂肪吸引をすると「リバウンドしないし、たくさん食べちゃおう!」と考える人がいますが、それはちょっと違います。

脂肪吸引で脂肪細胞は減るものの、体のあちこちにまだ脂肪細胞が残っています。カロリーオーバーになると、吸引していない部分や内臓に脂肪が付くので注意しないといけません。

脂肪吸引したからといって安心せずに、吸引前よりもやや節制した生活を心がけるとキレイな体型を維持できるはずです。

脂肪吸引のメリットとデメリット

脂肪吸引は絶対にリバウンドしないわけではなく、気を付けていないとリバウンドすることもある、という認識をしておきましょう。

では、食生活や運動に気を付けなくてはいけないのは同じなのに、なぜここのところ、脂肪吸引が人気なんだと思いますか?

脂肪吸引のメリットデメリットを知れば、その人気の理由がわかるはずです。

メリット:結果がすぐでる

脂肪吸引で痩せやすく

脂肪吸引は大きくなった脂肪細胞を一気に吸うので、吸引した部分はすぐにサイズダウンします。

もとの脂肪の量が多ければ多いほど見た目の変化は大きく、細くなったのをすぐに実感できます。

メリット:部分痩せができる

運動や食事制限でエネルギーを消費すると、体の脂肪細胞全部が少しずつ小さくなっていきます。そのため通常のダイエットでは部分痩せはかなり難しいですよね。

脂肪吸引 部分痩せ

脂肪吸引ならピンポイントで脂肪を除去するので、気になる部分だけ細くできます。

二の腕の振袖や、太ももの内側や後ろ側、頑固なセルライトも吸引して痩せられるので、理想体型になれます。

デメリット:手術によるリスク

脂肪吸引は美容外科の診療科目の中でも大がかりな手術です。麻酔や鎮痛剤が必要ですし、日常生活が送れるようになるためには数日~1週間程度かかることも珍しくありません。

また、脂肪吸引の経験が浅いドクターを選んでしまうと「失敗して凸凹になった」
「全然脂肪を取ってもらえなかった」など不満が残ることも。脂肪吸引をする前は、手術方法や術後の過ごし方、人気のドクターやクリニックをしっかり調べておきましょう。

皮下脂肪の役割とは?

脂肪吸引ではカラダの皮下脂肪をあえて少し残すように吸引します。それは、皮下脂肪には以下のようなプラスの役割があるからです。

  • 衝撃から体を守る
  • ボディラインを美しく見せる

皮下脂肪を取りすぎてしまうと筋肉のラインが見えて不自然になってしまうので、脂肪吸引では特にボディラインを美しく見せる意味で多少残しつつ自然な形で吸引するようにしていきます。

脂肪吸引でリバウンドしないための気を付けること

脂肪吸引でリバウンドしないためには、吸引前と同じくらいかより規則正しい生活をこころがけましょう。吸引前と同じカロリー収支だと、脂肪吸引していない箇所がサイズアップすると思ってください。

  • バランスの良い食事を腹8分目に
  • 適度な運動
  • 毎日同じリズムで生活する

以上のようなダイエットの基本を守っていれば大きくリバウンドすることはありません。

脂肪吸引した箇所はたるみやすいので、吸引した箇所を重点的に鍛えるのもリバウンドを防ぐのに効果的です。

芸能人や女優もやってる脂肪吸引

最近整形をオープンにする芸能人が増えてきていますよね。

現在、脂肪吸引を告白した芸能人は、矢部みほさん(二の腕)、TKO木下さん(お腹)、吉川ちかさん(アゴ)、ヴァニラさん(全身・顔)などです。

また、女優の紗栄子さんは切らない脂肪吸引の「ウルトラアクセント」を受けていると告白しています。

ウルトラアクセントの効果は切る脂肪吸引に比べるとかなりマイルドですが、脂肪量が少ない人向けのエステ感覚で受けられる施術です。

湘南美容外科クリニック 切らない脂肪吸引の詳細はこちら

>>東京で脂肪吸引の名医とは?

>>大阪で脂肪吸引の名医とは?